ホッパーの仕様ついて解説


―― スポンサーリンク ――
マインクラフト ホッパー アイコン

ホッパーはレッドストーン回路を作るときに必須

 必ずと言ってよいほど、アイテムを扱ったレッドストーン回路にはホッパーが使われている。アイテムエレベーター然り、自動仕分け機然り。

 マインクラフトを始めたばかりの頃は、YouTube動画やサイトを参考に見様見真似で作っていたが、カスタマイズしようとするとうまくいかないことが多かった。自分なりに試行錯誤しているうちにあまり知られていない情報もあったので、今回お知らせしたい。
(*'ω'*)

ホッパーの役目は搬出入

搬出
 ユーティリティ(実用的ブロック)のインベントリまたは上の空間からアイテムを吸い込み、ホッパー内のインベントリに溜める。

搬出
 ホッパーのインベントリ内のアイテムをノズル先のユーティリティのインベントリに送る。

ホッパーの作り方(クラフトのレシピ)

材料
鉄インゴット 5個
チェスト   1個

ホッパーの仕様、性能

  • アイテムを吸い込む範囲は、上1ブロック(1m×1m×1m)分の範囲
  • アイテムがユーティリティのインベントリにある場合、4tick毎につき1個ずつ搬入する。(1tick=0.1秒)
  • ホッパーの上1ブロック内の空間に落ちているアイテムの搬入の場合、4tick毎につき1スタック搬入する。(落ちているエンティティ単位)
  • アイテムの搬出は4tick毎につき1個。
  • アイテムの搬入は搬出より優先される。搬入同士では先に設置した方。
  • レッドストーン信号を与えると搬出入を停止する。
※エンティティとは、プレイヤーやMobなど動きがあるオブジェクトのこと。アイテムの場合は落ちているアイテム。
※ユーティリティとは役に立つブロック。実用的ブロック。

解説 アイテムの吸い込み可能な範囲

 ホッパーの吸い込み可能範囲は上1ブロック(1㎥)以内。ホッパーの上にブロックがあると、アイテムはホッパーに吸い込まれない。ブロックがブロックする。
( *´艸`)
※ホッパーすぐ横に落ちたアイテムも吸い込まない。
 ただし、ハーフブロック、耕地ブロック、草の道ブロック、ソウルサンド等は、普通のブロックと比べ高さが低いためアイテムを吸い込む。
 ハーフブロックは0.5m。耕地と草の道ブロックは0.9375m。
 ソウルサンドは、見た目は1mだが上面1/8ブロック分当たり判定がない。
※ファンクションキー3(F3)を押して座標のY軸の数値を見れば分かる。

解説 搬送可能な数量と速さ

 ホッパーはインベントリにあるアイテムをノズルの先にあるチェストやホッパーなどのユーティリティへ、4tick(0.4秒)サイクルで1個ずつ搬出する。

 ホッパー内インベントリへの搬入も4tickサイクルで行われる。
 個数について、ユーティリティのインベントリ内のアイテムを吸い込む場合は1個、ホッパーの上に落ちているアイテム(エンティティ)はスタック単位(上限64個)で吸い込まれる。

下方向への搬送は2倍の速さ

 平面に並べられたホッパーは、隣にアイテムを送る搬出のみが行われるので4tickに1個の搬送速度である。

 縦に重ねられたホッパーの間では、搬出と下のホッパーの搬入がそれぞれ4tick毎に行われるため、平面の2倍の搬送速度になる。
 ただし、【始点】チェストからの搬入、【終点】チェストへの搬出は、動作が重ならないため、4tickに1個の速度である。
 下方向2倍の速さにするには、画像の右のようにホッパー配置する。
・ラージチェスト下、右のホッパーのノズルは左のホッパーへ向ける。
・チェスト左斜め上のホッパーのノズルは右の、チェスト上のホッパーに向ける。

解説 アイテムの搬入は搬出より優先される

ラージチェストの下にホッパーを2つ重ねた装置

 ホッパー(上段)のノズルは樽に向いている。ホッパー(下段)のノズルはチェストに向いている。

 石(1スタック)をラージチェストに入れるとホッパー(上段)に4tick毎1個ずつ送られる。ノズルは樽を向いているが、搬送より搬入が優先されるため、アイテムはホッパー(下段)が吸い込みチェストへと送られる。
 ホッパー(上段)の搬入サイクルとホッパー(下段)の搬入サイクルが常に重なり合うため、アイテムは樽へ搬出されず下のチェストにすべて収まる。(搬入が毎回優先される)

ラージチェストを水流に変えた装置

 水路にアイテム63個を投げ入れホッパーに吸い込ませる。ラージチェストのときと違いホッパー(上段)のインベントリに63個一度に入る。
※落ちているアイテムはスタック単位で吸い込む。

 結果はチェストに32個、樽に31個のアイテムが収まった。搬入が優先されるためホッパー(下)が1個目のアイテムを吸い込み、2個目は樽へアイテムが送られる。搬入と搬出は交互に行われ、奇数の63個目のアイテムはチェストに入るので、その分多い。

活用例 水流式アイテムエレベーター

 本機は説明用の試作機なので、実際に使用される水流式アイテムエレベーターとは多少異なる。
 動画ではチェストに入っているアイテムの個数が30個ぐらいで安定する。出と入りが同数で、詰まっている箇所がない証し。

・ドロッパーの搬出速度はホッパーの搬出速度の2倍なので、ホッパー2列の通路でアイテムを運べば最速を維持できる。

・水路からのアイテムの回収はスタック単位なので、ホッパー一つ口で間に合う。
・下への輸送も、ホッパーが重なっていれば2倍の速さなので滞りなく送れる。

・チェストに入れるときは1個ずつになるため、分岐させ2つのホッパーでアイテムを収める。

 なお、搬出より搬入が優先されるが、分岐されるホッパーのインベントリには4tickの間に2個のアイテムが送られてくるため、下のホッパーの搬入と分岐するホッパーの搬出が交互に行われる。

解説 レッドストーン信号を送ると作動を停止する

 ホッパーの作動を停止させるには、ホッパーの隣にトーチやレッドストーンブロックなどの動力源を設置する。レッドストーンダストで繋ぐときは指向性に注意する。
 ホッパーに接する不透過ブロックの上にレッドストーンダストを置き信号を流すと、不透過ブロックが動力源化しホッパーの作動を止める。

 左から、レッドストーンブロックと置いたもの、トーチを置いたもの、レッドストーンダストで繋げたもの、ブロックを設置し上にトーチとレッドストーンダストを置いたもの、平行になるようレッドストーンダストを引いたもの。
 一番右のレッドストーンランプだけ点灯しているのはアイテムが流れた目印。赤線が並行になると信号は伝わらない。

ホッパーを垂直に重ねて設置したとき

 上下にホッパーがある場合、中央のホッパーだけ停止させてもアイテムは流れる。上のホッパーが中央のホッパーへアイテムを搬出、下のホッパーが中央のホッパーから搬出するため。
 左はアイテムを止められなかったことを示すランプが点灯している。
 右は左のハーフブロックを普通のブロックに置き換えたもの。レッドストーンダスト下のブロックも動力源化するため、中段と下段のホッパー2つが止まるのでアイテムは塞き止められる。

解説 搬入ホッパー2つの優先順位

 ラージチェストの下にホッパーを2つ付け、2つの通路でアイテムを運ぶことはよくある。ドロッパーの排出速度とはホッパー搬送速度の2倍なので2通路で釣り合う。

 ラージチェスト内にアイテムがたくさんある場合は、双方のホッパーが吸い込むが、常に1個しか入っていない状態ではどうか?
 調べてみたところ、どうやら先に設置したホッパーに優先的に吸い込まれる。吸い込まれていた方のホッパーを壊して付け替えると、もう片方のホッパーへアイテムは流れる。
 前回アイテムが入ったチェスト側に、ダイヤと雪玉のアイコンを表示している。×ホッパーは付け替えた方に付けている。

 ラージチェストにアイテムを1個入れた場合は、付け替えた反対の(先に設置した)ホッパーの方にアイテムは入る。

 ホッパーでラージチェストに入れた場合は、ラージチェストの上のホッパーを付け替えない限り、アイテムの収まるチェストは更新されない。
 新発見だと思うが、今のところ応用できるレッドストーン回路は発明していない。

おわりに

 ホッパー仕様や性能をよく理解しておくと、レッドストーン回路全体の性能を向上させることに役立つし、使用個数を減らしコストの削減にもなると思う。

※私も最初は自動仕分け機が、なぜ仕分けできるのか動画やサイトを見てもよくわからなかった。
(;´・ω・)

―― スポンサーリンク ――

コメント